game01.jpg

こんにちは。
9/12(土)に大人向け・ボードゲーム勉強会をぱふ3階で行ないます。
テーマは、
保育・子育てに活かすアナログゲーム

講師には、
「子どものためのボードゲーム輸入代理店クレーブラット」の代表
畑直樹さんをお招きします!
ご参加いただいた方には、休憩時にはお茶とお菓子、
さらに!
クレーブラットのゲーム(なんと2000円超!)
がお土産にもらえちゃいます。
(詳細はこちら)

というわけで、
今日はクレーブラットの
動物ゲーム3点をご紹介♪

まずは、
岩城も超!おすすめ
動物ものしりスピードゲーム!
「ぶたは飛べるの?」

butahatoberuno.jpg

動物の特徴が描かれたカード24枚のうち、
問題カードの動物の特徴だと思うカードのうえに
早い者勝ちで自分のチップをおいていきます。
「ハリネズミにしっぽはあるのかな?」
「ナマケモノは植物しか食べないの?」
名前は知ってるけどこんな特徴があったなんて!
子どもはもちろん大人も「へえ〜〜〜」の発見がいっぱい。

2つめは、
じっくり考える動物の特徴あてゲーム
問題の動物カードの種類はなんと180種類!
「ファウナJr(ジュニア)」

faunajr.jpg
動物の生息場所、重さ、卵生、草食性について
順番にチップを置いていきます。
順番に置いていくので、焦らずゆっくり考えられます。

3つめは、
「カードライン〜動物編〜」

cardline01.jpg

カードには、
表には動物が、
裏にはその動物の平均的な大きさ、重さ、寿命が書かれています。
表の動物だけを見て、大きさか、重さか、寿命のくらべっこをしていきます。

cardline02.jpg

写真は寿命比べで並べてみました。
オニイトマキエイよりシロクマのほうが寿命が長いですね。
よくよく見てみると、
オニイトマキエイの大きさ・・・
5m!??
重さ・・・
1,5t!!!
大きい!
気になって
調べてみると、
別名マンタとも呼ばれ魚類では最大級の大きさを誇り、
最大で8mになるものもいるそうです。

へえ〜!
ですね。

遊ぶと、
もっと動物のことが知りたくなっちゃう
動物ゲーム!
大人も手加減せずに楽しめますよ。
それぞれ特徴がございますので、
詳しい遊び方はお店でご紹介いたしますよ〜♪


★商品情報★
ぶたは飛べるの?
(KOSMOS社)
5,832円(税込)
5歳くらいから
プレイ人数:2〜4人
所要時間:20分くらい

ファウナジュニア日本語版
(HUCH!&friends社)
5,400円(税込)
6歳くらいから
プレイ人数:2〜4人
所要時間:20分〜30分くらい

カードライン動物編
(HobbyJAPAN社)
2,376円(税込)ぱふスタンプ対象外
7歳くらいから
プレイ人数:2〜8人
所要時間:15分くらい

※在庫が無い場合もございます。
 詳しくは、ぱふ(0774−24−4321)までお問い合わせください。
 ブログへのコメントによる、
 商品在庫状況のご返信はいたしかねます。
 ご了承ください。

 カテゴリ
 タグ